コロナ感染、7月急増 21都府県で上半期合計上回る - 毎日新聞

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ感染、7月急増 21都府県で上半期合計上回る

 7月に確認された新型コロナウイルスの感染者数を毎日新聞が集計したところ、21都府県で1~6月までの合計を上回った。東京は6466人で6月末までの6225人を超え、大阪は2224人となり6月末までの1・2倍を記録した。愛知は1277人で2・5倍だった。都市部だけでなく、沖縄などクラスター(感染者集団)が発生した地方での急増も目立った。

 感染者数が6月末までの合計を上回ったのは他に埼玉、福岡、京都、沖縄、鹿児島、岐阜、奈良、熊本など。伸び率が高かったのは、0人から3人となった岩手のほか▽鹿児島21・9倍(11人→241人)▽宮崎7・3倍(17人→124人)――など。

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1238文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「坊主かどうかは関係ないということ証明したい」愛媛・済美が“脱丸刈り”

  2. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  3. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです