焦点:感染減らぬ、夜の街 抜き打ち訪問/マスク着用/検温徹底でも - 毎日新聞

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

感染減らぬ、夜の街 抜き打ち訪問/マスク着用/検温徹底でも

「抜き打ち」訪問で歌舞伎町を巡回する手塚マキさん(左)、吉住健一区長(左から2人目)ら=東京都新宿区で2020年7月20日、李英浩撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、「夜の街」への風当たりは依然として強い。東京都新宿区の歌舞伎町ではホストクラブ側と区長の話し合いが進んで多くの対策が取られているが、今も感染者数の高止まりが続く。一方、都内の感染者の推移をみると、夜の街の割合は徐々に低くなり、今は家庭内など市中感染の広がりが深刻になりつつある。夜の街での感染拡大が「第2波」のきっかけになったと専門家はみる。

 「今、この街が立ち直れるかどうかの瀬戸際。どうか協力してください」

この記事は有料記事です。

残り2009文字(全文2235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 県内死者100人に 横浜で1人確認、60代以上が9割 /神奈川

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. #最後の1年 ドッジボール巡る苦渋の決断 医療・福祉で働く親を襲う不条理

  4. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  5. 発言 同性パートナーに被害給付を=矢野恵美・琉球大学法科大学院教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです