日米印と海上訓練、前向き 駐日豪大使「既存の枠組み強化に」 - 毎日新聞

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米印と海上訓練、前向き 駐日豪大使「既存の枠組み強化に」

リチャード・コート駐日オーストラリア大使=中村聡也撮影

 オーストラリアのリチャード・コート駐日大使が7月30日、毎日新聞の取材に応じ、日米印3カ国が海上共同訓練「マラバール」に豪州の招待を検討しているとの報道に対し「(日米豪印4カ国の)既存の枠組みの強化につながる」と述べ、前向きな姿勢を示した。

 マラバールは1992年、米印海軍の共同訓練として始まり、毎年実施されている。豪海軍は2007年に日本の海上自衛隊やシンガポールとともに参加しており、今回参加すれば13年ぶり。コート氏は、マラバールが日本の提唱する「自由で開かれたインド太平洋」構想と合致し、地域の安定に貢献していると指摘。日米豪印4カ国が、安全保障面でインド太平洋地域への関与を深めること…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  4. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

  5. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです