大相撲7月場所 正代、V決定に「待った」 4人に可能性 - 毎日新聞

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲7月場所 正代、V決定に「待った」 4人に可能性

照ノ富士(手前)を降した正代=両国国技館で2020年8月1日、滝川大貴撮影

 平幕の照ノ富士は関脇・正代に寄り切られ、2敗目を喫した。1差で追う新大関・朝乃山が結びで照強の奇襲に屈し3敗となり、照ノ富士の単独首位は変わらず。3敗の関脇・御嶽海は琴恵光を退け、朝乃山、正代とともに3人が星の差一つで追う展開で優勝争いは千秋楽にもつれ込んだ。

 千秋楽で照ノ富士は御嶽海と対戦し、勝てば2015年夏場所以来2回目の優勝が決まる。一方、御嶽海が勝てば3敗で照ノ富士と並び、3敗同士の朝乃山と正代の結びの一番の勝者を含めた3人が優勝決定戦を行うことになる。

この記事は有料記事です。

残り1643文字(全文1878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 県内死者100人に 横浜で1人確認、60代以上が9割 /神奈川

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. #最後の1年 ドッジボール巡る苦渋の決断 医療・福祉で働く親を襲う不条理

  4. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  5. 発言 同性パートナーに被害給付を=矢野恵美・琉球大学法科大学院教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです