歌壇・俳壇 - 毎日新聞

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌壇・俳壇

  • 季語刻々

    出来かけのゼリー何回揺すられる

     ◆今 ◇出来かけのゼリー何回揺すられる 池田澄子 冷蔵庫を何度も開けて、ゼリーの出来上がりを待っている。その子の期待する表情が見えるという意見が出た。すると、…

  • 季語刻々

    ふるふるとゆれるゼリーに入れる匙

     ◆昔 ◇ふるふるとゆれるゼリーに入れる匙(さじ) 川崎展宏(てんこう) この句、ゼリーを食べる時のあたりまえの風景で面白くない、という意見があった。すると、で…

  • 毎日俳壇

    西村和子・選

    ◎特選◎海開きはるか沖まで祓ひけり 霧島市 久野茂樹【評】海水浴の安全を祈るための神事だが、神主の大きな動作やはるかな視線が読み取れる。朝清ら夜は艶めける水中花…

  • 毎日俳壇

    鷹羽狩行・選

    ◎特選◎色づきて見えはじめたる実梅かな 町田市 枝澤聖文【評】色づき始めるまでは、青葉にまぎれていたのである。待っていた庭の梅の実の色づき。動かぬと思へばうごき…

  • 毎日俳壇

    小川軽舟・選

    ◎特選◎夏椿瞬きをせず落ちにけり 青森市 小山内豊彦【評】夏椿は一日だけ咲いて、開いたままぽとりと落ちる。「瞬きをせず」に納得した。道化師の二人無言の羽蟻の夜 …

  • 毎日俳壇

    片山由美子・選

    ◎特選◎せせらぎの今がうがうと出水川 横須賀市 上慶子【評】河川の決壊が相次いだ今年。ふだんはせせらぎほどの川でさえ氾濫する梅雨時の恐ろしさ。研ぎ立ての包丁入る…

  • 毎日歌壇

    篠弘・選

    ◎特選◎茶房の絵見つつ珈琲お代はりすわが店と違ふ席に長居す 秋田市 山田愁眠【評】薬局の主人が、同じ商店街の茶房にくつろぐ場面。改装に先立ち、お客を迎え入れるヒ…

  • 毎日歌壇

    伊藤一彦・選

    ◎特選◎家族四人一列になって自転車で回転寿司へお寿司のように 横浜市 友常甘酢【評】回転寿司を食べている場面の歌は多いが、食べに行く途中を歌ったのがユニーク。結…

  • 毎日歌壇

    米川千嘉子・選

    ◎特選◎「こぼれた」を「まけた」と言いしわが嫁の故郷離島に思いをはせる 芦屋市 井上竜太【評】若い作者の歌。結婚したばかりだろうか。何気ない言葉や仕草に相手のこ…

連載

大岡信と戦後日本

定型の窓から

詩の橋を渡って

詩歌の森へ

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです